ダイエットをするなら筋トレも導入するほうがベター

ダイエットをするにあたって食事制限をする人はかなりいると思います。

たしかに食事制限をするのは悪くないのですが、過度な食事制限は健康によくありませんし途中で痩せにくい体になってしまうんです。

その理由は基礎代謝が落ちてしまうからです。基礎代謝とは生命を維持するために必要最低限なエネルギー消費のことです。食事制限をすると食事からエネルギーを生み出しづらくなります。

そうすると、生命を最小限のエネルギーで維持できるような体になってしまうんです。これが基礎代謝が下がる原因です。

そして食べたものを体に蓄積しておいて飢えを回避しようと体が勝手にしてしまうので、一定のところから痩せづらい体になってしまってしまうのです。つまり、ダイエットをするなら食事制限だけをするというのはやめておいたほうが良いんです。ダイエットをするなら筋トレも導入するほうがベターです。なぜダイエットに筋トレを導入したほうが良いのかは、基礎代謝が上がるからというのが答えです。筋トレをすると、筋力がアップします。その筋力を維持しようと体がエネルギーを使うことで基礎代謝が上がるのです。そして食べたものをどんどんエネルギーとして消費するから痩せやすい体になるというわけです。

もちろん、食事制限のダイエットを否定しているわけではありません。暴飲暴食していたらいくら筋トレをしたからといって痩せなかったり、むしろ太ってしまいます。食事制限も重要なのは当たり前ですが、ほどほどにして筋トレも導入したほうが健康的に痩せられるということをお伝えしたいのです。筋トレに関してどれくらいやったらよいかですが、人それぞれ筋力が違いますからどれくらいやったら良いというのはありません。

ただ、毎日とは言わずとも2~3日に1回のペースで継続して続けられるくらいの程よい筋トレが理想です。継続は力なりで、続けていくことで痩せやすい体を作ることができます。ダイエットをする人は、ぜひとも筋トレも導入してみてください。